小市慢太郎さんの白髪が渋カッコイイけど何歳?時代劇にも出てるってほんと?

ダンディー俳優

ダンディー好きの私としては、日テレの連続ドラマ「トドメの接吻」(1/7スタート)に出演される小市慢太郎さんがとっても気になる!!
ドラマではホテル王の秘書(新井郡次)役として出演されるようなのだけど…

この方って見た事あるような、ないような?
と、気になったので、出演作品などを調べてみました。

小市慢太郎さんはどんな俳優さん?

プロフィール

小市慢太郎(本名:小市 義行)

1969年2月15日生まれ、現在48歳
身長173.5cm。
大阪府出身の俳優。

2010年までは劇団M.O.P.(現在は解散しています)に所属し、ほぼ全ての公演に参加されていたという、実力派の俳優さんなのです。


(出典:Sai 株式会社

白髪がとっても似合うけど、まだ40代なんですね♪
この写真なんて、優しそうな顔がもうたまらなく素敵!

 

白髪ダンディーという言葉が似合う

私が思わず「ニヤッ」としてしまったくらいツボなのが
小市さんのアメーバブログのヘッダーの写真♪


出典:小市慢太郎のblog「マンタノミコト」

 

和服に白髪ですよ!?
かっこよすぎませんか!!!

良く似合ってますよね♪

 

白髪も、着物も、ダンディーな人も。
私の好みなので、この写真見て本当に顔がにやけましたねぇ。

これからもっと貫禄と渋さが増して、さらにカッコ良くなっていかれるのだと思うと、もう目が離せないです。

時代劇にも出演。殺陣が特技!!

公式サイトのプロフィールに書いてある特技に「殺陣」があるんです!

これを見た時に、なんて時代劇向きの人なんだ!!!
と、ますます興味を持ってしまったのです。

 

時代劇への出演ってあるのかな?と思ったら、これから出演の作品を見つけました。

1/8に放送される「雨の首ふり坂」です。(J:COMプレミアチャンネルにて 18:00~放送)

 

こちらでは、特技の殺陣も披露されるそうなのです♪
公式ブログのアメーバブログでは

久しぶりにチャンバラ、やりました。
オラー!とほえています(^_^)

引用:小市慢太郎のblog「マンタノミコト」

チャンバラやりました。と書いてらっしゃいました。

 

原作は、池波正太郎先生の小説。
歴史小説、時代劇と言ったら池波先生!と私は思うので、尚更気になります。

どんな役柄で出演されるのかな…
小市さんをチェックするならこちらも注目したい作品ですね。

小市慢太郎さんの出演情報

ここにも!?
と驚くほどの多くの作品に出演されています。

最近の出演作品

テレビCM

「三井住友VISAプラチナカード」
「ABCマート」
どちらも見覚えがある!!!!

映画

坂下雄一郎監督「東京ウィンドオーケストラ」橘和也役

林弘樹監督「惑う」

東陽一監督「誰かの木琴」

大友啓史監督「秘密 THE TOP SECRET」

小林達夫監督「合葬」

郭在容監督「風の色」(日韓合作)

など多数…

(近年の作品のみご紹介)

 

『るろうに剣心 伝説の最期編』では川路利良警視総監役として出演されいたそうです!

重要な脇役として、結構色々な番組に出演されています。

今までどうして気付かなかったんだろう?わたし…

ドラマ

NHK「精霊の守り人 season2」

NHK「運命に、似た恋」

WOWOW「沈まぬ太陽」

NTV「そして、誰もいなくなった」

など多数…

(近年の作品のみご紹介)

これから出演される番組

注目はやはり連続テレビドラマ「トドメの接吻」でしょう。

トドメの接吻
日本テレビ「トドメの接吻(キス)」公式サイトです

 

その他の出演情報は下記引用させていただきます。(2018/1/2現在)

ドラマ

NHK大河ファンタジー「精霊の守り人 最終章」⑥~⑨ 1/6 2100~OA

NTV「トドメの接吻」 1/7 (初回のみ2200)2230~OA

J:COMプレミアチャンネル「雨の首ふり坂」 1/8 1800~OA

WOWOW「監査役 野崎修平」②⑤⑥⑦⑧ 1/21(初回は1/14) 2200~OA

Amazonプライム「しろときいろ」 2018早春~配信開始

(引用元:Sai 株式会社

 

 

映画

クァク・ジェヨン監督「風の色」 1/26~全国公開

瀬々敬久監督「友罪」 5月全国公開

瀬木直貴監督「恋のしずく」 2018年全国公開

(引用元:Sai 株式会社

 

今後の小市慢太郎さんの最新出演情報は、小市さんの所属会社の公式サイトをチェックです♪

 

公式アメーバブログは↓こちら。
小市慢太郎のblog「マンタノミコト」

 

今後もテレビでお見かけする事も多そうなので、とても楽しみです♪

 

コメント