榎木孝明さんは超多彩!絵画の美術館や書籍も!!古武術を極めるストイックさから不食にもチャレンジ?

ダンディー俳優

ダンディーな俳優さんとしても気になる榎木孝明さん。
気になって調べれば調べるほどに、多彩な面がみられる方でした。

俳優とアーティスト。


大きく言うと、この2点が際立っていますが、それだけではないのですね。

今回、私が気になった点を考察してみました。

榎木孝明さんって実はものすごくストイック?

舞台にドラマに活躍されている俳優さんですが、それだけではないのです。
水彩画にも精通しており、さらには古武術にも長けていると言われる榎木さん。
多彩な活動を目にしますが、実はものすごくストイックな方なのではないかと私は考えます。

どれも「極めている」と言えるレベルの事をされているのです。
中途半端な趣味でやっているものではない。

 

中でもストイックさをものすごく感じたのは、「30日間の不食」にチャレンジされた事を知って、やはり並みの精神力ではないな。と思いました。

不食とは?

ただ食べない事とは違う。断食とも、絶食とも違うのが不食。
「食欲と戦わずに食べない行為」なのだそうです。

食べないんでしょう?生きていけるの?と不思議ですよね?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

30日間、食べることやめてみました 「不食」という名の旅 俳優・榎木孝明の「不食30日間」全記録DVD付き [ 榎木孝明 ]
価格:1566円(税込、送料無料) (2018/1/15時点)

 

現代の食事は1日3回、朝ご飯を食べないと脳が働かない…と言う考えが一般的。

私の子供の学校からは「必ず朝食は済ませてから学校に行きましょう」と、早寝早起き朝ごはんを提唱する冊子が配られたくらいです。
学校教育がそうするから「朝ごはんは食べなくてはいけないもの」
と刷り込まれているだけで、実はそれほど食べなくても良いのかもしれません…

 

世の中には「1日1食生活」をされている方もいるし、「本当に食べたいと思った時に食べる」と言うのを実践している方もいる。
だから、不食と言う考え方があるのも私は面白いなと思います

私自身、朝はほとんど食べないの。
朝起きてすぐに食べずに昼まで活動した方が、午前中に眠くなる事もないですね。
子供の頃は3食きっちり食べていたけど、30歳を過ぎてからは1日ほぼ2食です…。

 

ただ不食については、榎木さん自身が不食をする事を進めている訳ではないし、方法などはは割愛します。
健康の事は、人によって合う合わないの差が大きいですし、これじゃなくちゃいけない!!
と言う考えにとらわれてしまわないようにする事が大事だと思います。

 

榎木さんは不食という事に興味を持ち、ストイックさから「挑戦してみたい」と実践されたのだろうな。
と考えると、軽い気持ちでできる事ではないのだから、やはり強い精神力をお持ちだと分かりますね。

美術館を持っているってホント?

そんなストイックな榎木さん。
武蔵美術大学のデザイン科で学ばれています。
子供の頃から絵を描く事はお好きだったそうです。

美術館を作るほどに好きな絵を極める。
ここにもストイックさが現れていると思いませんか?

 

美術館については、公式サイトにも掲載されていますが、全国に2箇所あります。
美術館よりも身近に作品を楽しめるアートカフェ・ギャラリーもあるので、まとめてみました。

美術館

北海道

榎木孝明水彩画館×大野勝彦美術館(西美の杜美術館)
住    所 〒071-0478  北海道上川郡美瑛町字ルベシベ第2
お問い合わせ 0166-95-2339
サイト  http://biei-art.jp/

大分

榎木孝明美術館(九州芸術の森内)
住    所 〒879-4911 大分県玖珠郡九重町大字田野1712-707(美術館通り)
お問い合わせ 0973-73-3812
サイト  http://www.e-kyushu-geijutsu.com/takaakienoki.html

 

アートスペース・カフェ

東京

アートスペースCuore(クオーレ)
住    所 東京都渋谷区上原1-35-7 KUDOビル1階
お問い合わせ 03-3460-8100
サイト  http://www.officetaka.co.jp/gallery/index.shtml

こちらでは2018年1月5日(金)より『城巡り展』を開催中

 

鹿児島

榎木孝明アートカフェ 「ギャラリーひしかり」
住    所 〒895-2708鹿児島県伊佐郡菱刈町川北2876-1
お問い合わせ TEL 0995-26-0230
FAX 0995-26-1439
サイト なし

 

個展

現在、鹿児島市にて 水彩画展「ふる里は遠きにありて想うもの」が開催されています。(2018/1/15現在)


(出典:榎木孝明Facebook

水彩画展「ふる里は遠きにありて想うもの」
開催期間 2018年1月6日(土)~1月21日(日) 11:00~18:00
15日はお休み
会場 White Gallery(ホワイトギャラリー)
〒892-0852 鹿児島県鹿児島市下竜尾町25-7
問い合わせ TEL:099-248-3904 White Gallery(ホワイトギャラリー)
サイト http://www.white-gallery.com/about/about.html

 

絵に関する書籍も出版

代表的なのはこちらではないでしょうか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いい加減なスケッチのすすめ [ 榎木孝明 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2018/1/15時点)

絵が苦手な私もこのタイトルなら読んでみたいなと思います。

 

そして気になるのはこちら。
日本各地を旅しながら書かれたミニ詩画集です。三部作になっていますね。

 

榎木さんはYouTubeのご自身のアカウントで水彩画教室の動画を投稿されています。
書籍を出版されるほどの方なのに、その知識をこうして公に伝えてくださっているの。

榎木孝明の水彩画教室1

さらさらっと書かれていく筆先を見ると、私には真似できないな。
と思う反面、いや、きっと書ける!と思わせてくれる所がまたすごいんですよねー。

古武術の教室も開催

精神力の強さは、やはり古武術から来ている!
と、言えるでしょうね。

気功にも通じているそうで、「気」を操るような、体の軸を整えるような動きが最初に見られます。
こうして重心をしっかりと地面近くに持って来ているので体がブレる事もないのでしょう。

榎木孝明の古武術教室

どんなに体幹を鍛えても、力が強くても。
軸がブレているときは簡単に体を揺さぶる事ができる。
逆に言うと、しっかりと整っている時は、簡単には動かない。

私はそういう体験をした事があります。
古武術は経験ないので違いをはっきりとは言えませんが、繋がる所が大きいのでしょう。

プロフィール

最後になりましたが、榎木さんのプロフィールを。

榎木 孝明(えのき たかあき)
生年月日 1956年1月5日(62歳)
出生地 鹿児島県伊佐郡菱刈町(現:伊佐市)
身長 180 cm

なんと62歳でした!!!
もっとお若いかと思っていました。

 

榎木さんは時代劇でも活躍されています。
そして、その時代劇の事で新たに取り組まれている事があります。

一般社団法人 時代文化みらい機構です。

こちらは「時代劇再生運動」として様々なプロジェクトを開催されています。

私は日本人の精神性を世界の模範として示す為の「時代劇再生運動」をここに提唱致します。 私達が昔から慣れ親しんで来た時代劇は美徳、礼節、廉恥、慈悲、慈愛、忠義、信義、仁義、孝行、潔さ、清廉、知恵など多くの日本古来の精神文化で成り立つ世界です 。そして何より私達自身が忘れかけている日本人本来の精神性を思い出す場にもなることと思います。
私達の遺伝子に組み込まれた『和をもって尊しとする』の精神は、世界を一つにする為のツールです。
そしてそれを成し得るのが私達日本人であるとの自覚を持ちたいものだと思います。
(出典:https://bunka-mirai.or.jp/company/

上記のように、「日本人本来の精神性を思い出す場」としての活動に重きを置いているようですね。
時代劇や日本文化が好きな私としては、参加してみたいと思える活動ばかりです。

今年2018年から「わくわくする会」の会員募集も正式に始まるようですし、これからの動きが気になります!!

まとめ

  • とにかくストイック・精神力が強い人
  • 個展を開くだけでなく、美術館も持っている
  • 古武術の教室もしている
  • 時代劇を通じ、日本本来の精神文化を次世代へと継承する活動もしている

多彩な面をお持ちの榎木さん。
全ては日本人としての精神に繋がっているように思えてきました。

和の文化って素晴らしいですよね。

 

最後に。

TBSの『名医のTHE太鼓判』(2018年1月15日(月)19:00~放送)にご出演されるそうです。
「不食」についてもお話しされるのかな?

 

コメント