限界を自分で決めてる?やりたい事を諦めないでやってみる!クライミングに学ぶ「壁」の乗り越え方

主婦力up

あれは無理。これも無理。
自分で自分の事を諦めたり、挑戦してみる事を諦めたりしていませんか?

やってみたいことがあるなら諦めない。
って大切だと思うのです。

運動音痴なのにクライミングに挑戦

運動は全くと言って得意でも好きでもない私ですが…
なぜかクライミングには興味を持ってしまったのです。

そう言えば、小さい頃はよく木登りしたり、ブランコを思い切り高くまで漕いだり。
高いところっていうのは昔から好きだったようです。
登山をしようと思った事はないけど、高い所に行くのは好きですねぇ。

 

なんとなく、やってみたいなー。
と思ったタイミングに、ちょうどよくクライミングの教室案内を見かけてしまったのです♪

当然、迷わず申し込みますよね。

この時点では、やりたい事は諦めない♪
が出来てるように思えるのですが、実はそうではなかったの。

限界を自分で勝手に決めてしまった

当然、普段運動しないからしんどいですよね(笑)

「クライミングって手じゃなくて足で登るんですよ。」
と言われても、なかなか体をうまく動かせない。
腕に頼ってしまうから、すぐ腕がパンパンになるの。

 

やってみたい!って思って始めた割に
「体力あんまりないし、初めての挑戦で怖いし…これ以上は登れないよー。」
と、自分で限界を勝手に決めてしまいました。

辛いしこれ以上無理かも。
初めてだし、登れなくても仕方ないよね?

と、できない事を言い訳で固めて途中で諦めようとするんです。

 

これがものすごく勿体無い事だって、途中でハッと気づいたのです。

やってみないで勝手に限界を決めてどうする!

これだけできたからもういいよねー。
もうこれ以上できなくてもいいや。
もうロープ張ってもらって降りちゃおう。

そんな風に思ってしまうのだけど…
登ってると下から声が聞こえるんです。

「まだいける!足動かして!右の石!」

先生だけじゃなく、同じ日に始めた人も
「まだいける!!あと少し!」って応援してくれるんですよね。

 

そんな声を聞いたら進まない理由がなくなりました。

「よしっ!いける!」と気合い入れ直して、一歩登ってみたの。
そうすると、さっきまで無理だと思ってたのに動けましたよ。

一歩上に進むと、思ったより辛くないんですよね。

限界と思っていたのは気持ちだけ。
実際はまだまだいけるんだ。って分かりました!!

これぞまさに「壁」を乗り越える。って事。

クライミングは本物の「壁」を登るんですけどね♪
色んな場面で自分の前に立ちはだかる壁も同じ。

諦めるの?進んでみるの?

 

やってみなくちゃ分からない。
限界って自分で思ってるほど低くない。
思い込みの限界なんて超えてしまえばいい。

壁なんて登って超えてしまえばいいじゃないか。
もしかしたら、壁に見えてたけど、実は緩やかな坂なだけだった。
とか、そもそも壁ですらなかった。
とかたくさんあるじゃないか。

と、思ったわけです。

 

それにしても、挑戦するって面白い!

次回は角度のある壁を登り切れたらいいな。
なんて欲が出てくるんだもの。

まぁ。何でもそうなのよね…

まとめ

無理って思うのは気分。
やってみなくちゃ分からない。

挑戦してみるって、大事だって思います!!
自分で勝手に限界決めたらもったいないね。

 

 

そんなわけで、私の好きな事リストの中にクライミングが加わりました。

ダンディーで適度な筋肉のある素敵なオジさまがいたらいいなぁ。
目の保養になるなぁ。
なんて別の目的があるのはここだけの話です…

 

コメント